FC2ブログ

green THE BOARD CULTURE

沖縄のサーフショップ。SURF, SKATE & ARTがコンセプト。 

リスクについて考えて。

IMG_0642.png


長文になり、失礼します。

本日、宮城のポイントでビギナーの救出があったようです。
アウトのピークはダブルぐらいの波が立っていたようで、サーファーは4名。
ソフトボードに乗ったビギナー級のサーファーがインサイドにいたらしいのですが、このポイントは離岸流で有名。ある程度のサーファーでも波が大きくなれば強さを増すカレントに、帰りの際、苦労するポイントです。
入っていた一人が、海から上がって、「誰もいないはずだけど大丈夫かな?」と、そのソフトボードのビギナー君の事が気になって見に行ったら、心配してた通り、カレントにはまっている様子。
このポイントの常連にもお願いして、大事に至らずに済んだという話です。

この人が気にせず帰っていたらどうなっていたでしょう?
そのうち腕が上がらなくなり、ますます沖へ流され、海上保安庁の出動。
場合によっては行方不明。
よくある、「流される」パターンです。

事無きを得たビギナーさん、経験が少ない分、事の重大さも解らないので意外とケロっとしていることが多いです。
ウチナーローカルはあまり怒鳴ったりしないので、ことの重大さも理解出来ないのかもしれません。

サーフィンにリスクは付き物です。
しかし、そのリスクを他の人に飛び火させないで下さい。
コントロールもままならないのに、ロングボードなどのでっかいボードを持って混雑しているポイントに入ることも然りです。
そのボードのリスクが乗り手に掛かる分には致し方無いですが、そのリスクがその他のサーファーに向かう様であれば、海に入る前に考えて下さい。(経験がないから判断できないのかもしれませんが。)
特に台風のスウェルが入ると混雑する湾内のポイントには、ボードコントロールも出来ないままのスキルでロングボードで入る人をよく見かけます。
これは、他のサーファーに降り掛かるリスクです。
ぶつけられた方は、とても痛い思いと嫌な思いをしますが、ぶつけた方も後を引きずる様な思いをする事もあります。
交通事故もそうですが、相手が致命的なケガをしたら?目が潰れたら?最悪死んだら?
そういった大事故が起こった場合、ぶつけた方も後を引きます。
とにかく、その辺りのことは十分に肝に命じてサーフィンをして下さい。

ベテランサーファーもその様な状況下においては、ひとこと声かけをお願いします。
そして、声を掛けられたサーファーは、それなりに理由があるはずなので、その様な声にきちんと耳をかたむけて下さい。

明日から東海岸、さらにサイズアップするはずです。
パドルに自信がないサーファー、自分のスキルを過信しないで下さい。

皆んなが、怪我がなく、いい波に乗れる週明けになりますように!


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://green0988687373.blog104.fc2.com/tb.php/5233-186105e6

 | HOME | 

green NEWS


〜ストックボードの一覧はこちら!〜


@green_the_board_culture

〜greenも応援しています!〜
サーフ ラスカルズ

Shop

green THE BOARD CULTURE

■green THE BOARD CULTURE
沖縄県那覇市久茂地3-4-1 B1
OPEN/13:00-22:00
TEL/098-868-7373
green-shop@lion.ocn.ne.jp

HARD OFFICE:株式会社アドプロ

green map

map

バナーリンク

QUICKOOL90 クイックールキュウレイでWケア!ノンケミカルの日焼け止めとボディーケアジェル! SFJ OSA

タイドグラフ

風向情報

最新記事

月別アーカイブ

ISLAND BROTHERS group

カテゴリ

open前 (5)
その他 (258)
店舗の紹介 (33)
blog (1131)
商品紹介 (537)
ART (25)
surf (344)
skate (85)
波情報 (2558)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
714位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スタッフブログ
69位
アクセスランキングを見る>>

リンク

このブログをリンクに追加する